主人がプレゼントしてくれたアクセサリ―

アクセサリ―は女性がプレゼントされて、一番喜ぶモノですね。

何よりも嬉しいので、ずっと離したくないと思ってしまいます。私も主人との思い出として、アクセサリ―があります。結婚をするときに、もらったものやその他の記念日にもらったものなのです。

その中でも、特に嬉しいのはそんなに高くなくても買ってくれたモノですね。クリスマスの時に、記念として買ってくれたのは赤いペンダントでした。

それは、可愛いのとクリスマスの時に色としてとても良く合うと感じたことでした。男性がアクセサリ―を恋人に買うことはよくあることですが、結婚をしてもらえるのは、とても嬉しいです。

結婚をする前は、高価なものも貰うことがありました。しかしそれよりも、結婚をしてからもらえるアクセサリ―が嬉しいですね。

その中でも、出張に行った時にその土地のアクセサリ―を買ってきてくれたときは嬉しかったです。外国に行くこともあるので、その時も記念として買ってきてくれるのです。

通常は、食べ物などが多かったのですがやっぱり記念に残るものがいいということを伝えた時に、買ってくれました。そんなに綺麗な色ではありませんでしたが、身に付けることにより、少し異文化を感じることができます。

そのまま部屋のアクセントとしても、飾ることが出来るので身に付けることばかりではなく使わなくなったものはそんな風にして、楽しむことにしています。外国のものは、その色やデザインが日本のものと違っているので、その国に行った時はまた買ってきてくれると信じて待つことにしています。

日本のアクセサリ―も、とても綺麗ですね。日本の伝統文化をか感じることができるブローチやネックレスがあります。それは、色がとても風情があるのできものにも合わせることができます。

その場所で、いろいろなアクセサリ―が作られていることを知り、それを見るととても勉強になるのです。そんなん楽しみ方も出来るので、とてもありがたいです。

PR|会社経営に必要な知恵袋|マッサージのリアル口コミ.com|美容と健康女性ランキング|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|AGAでお悩み解決|ゴミ屋敷解消Q&A|エステサロンを上手に利用する情報サイト|注文住宅のための用語集|お小遣いNET|